« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月29日 (木曜日)

いきなり自戒予告2

前回はこちら

新・いきなり次回予告
http://kairuna.hp.infoseek.co.jp/Ikinari.html

・「柳生」「柳生」「柳生」
う~ん、紳士的?

柳生「あっ…ダメ…そ…そこは…!!」
柳生「いーだろ?別に。
へるもんじゃねーしよ?!」

柳生「なにしてるんだ!?そこで!!」

バンッとドアが開いた。

柳生「あっ…」

次回!「やっぱ学校に
お菓子もってくの、だめっすか?」

乞うご期待!!!
★想像するとシュールよね。

-----------------------------------------

・「カルピン」「ゴクトラ」「菊丸」
※ゴクトラは橘家で飼われているわんちゃんです。

ゴクトラ「ねぇ・・・・モンプチってなんなの?」

カルピン「・・・・さぁ?
その瞬間、二人のモンプチ探求の旅が始まった…

魔の谷を越えた先、モンプチは見つかるのか?

菊丸「ねえ、それってネコの…ごめんなんでもない」

次回、「何故誰も猫のエサだよと突っ込まないのか

こうご期待!
★一発ではまった。

続きを読む "いきなり自戒予告2" »

藤原彩女もほしいかな(BlogPet)

餅ェキシンは子供がほしいな。
藤原彩女もほしいかな?

*このエントリは、ブログペットの「餅ェキシン」が書きました。

2007年11月27日 (火曜日)

小ネタ集から

ショートショートショートショートくらい?番号がとんでるのは気にしないで下さい。
書いてるうちに長くなっていく癖はなんとかしたいですね。

2.
由美子「昨日お母さんが珍しくキレてるから何事かと思ったら、お父さんが結婚記念日忘れてたんですって」
周助「へえ…それで今日は外食なんだ…母さんが怒るなんてよっぽどだね」
由美子「そうよね。私がお母さんキレさせたのなんて弟が出来たっていわれた時くらいのものよ」
周助「ん?僕?」
由美子「そう。弟ができたって言うからね。私真顔で『誰の子よ?』って」
周助「ぶっはwwwwそいつはひでぇwwwww」
由美子だって10年よ?まさか弟ができるなんて思ってなかったのよ」
周助「確かに長いね。父さん頑張ったのかな」
由美子「それがね、お父さんは苦笑いしてただけなんだけど、お母さんが尋常じゃないくらい怒ったのよね」
周助「逆に怪しいね」
由美子「ねえ?三人の中でも私と裕太はお父さん似だけど、周助だけお母さんそっくりでしょ?なんか上手くできすぎてない?」
周助「今度父さんに聞いてみようか。面白そうだし…ねえ裕太?
裕太「俺を巻き込むな」

7.
手塚「不二、お前は…俺の片腕になってくれないか」
不二「…手塚、馬鹿にしないで。僕は土壇場の大試合でいつもいつも人にトラウマ与えるような無様な負け方なんかしないよ!」
手塚「…ごめん……」

13.
ねこ「にゃー」
海堂「…ちっ…また逃げられた…」
ねこ「にゃー?」
柳生「おやこんにちは、可愛らしいねこさんですね」
ねこ「うにゃ」
柳生「飼い猫さんですか~、このあたりは交通量が多いからお気をつけてくださいね」
ねこ「みー」
海堂「……………」
柳生「よしよし……。…海堂君、そんな寂しそうな顔で見てないで、撫でさせてもらってはいかがです」
海堂「み…見つかった!」
柳生「道のど真ん中で見つかったもないでしょう…さあ、私がこの猫ちゃん用姫鰹で気を引いているうちに早く」
海堂「(な…何故持ち歩いている?!)…うぃっす…ありがとうございます」
海堂「………(近づく)」
ねこ「にゃー」
海堂「(恐る恐る撫でる)」
ねこ「みゃー(食べ終わってどっかいく)」
海堂「………(幸せ)」
柳生「よかったですね海堂君。それにしても動物はいいですね。心のオアシスです」
海堂「そうっすね…(まだ幸せ)」
柳生「それにしてもこのあたりは車が多くて危ない。私も明日からはロードワークに出て、危険度合いを確かめねば」
海堂「…柳生さん…俺、あんたの事誤解してました…俺にも協力させてください!」
柳生「海堂君…!ありがとうございます。そうだ、今度うちの子ウサギを見に来ませんか。ふわっふわしていて、今が可愛い盛りなのです。最近仁王君にしつこく言い過ぎてちょっと引かれまして…寂しい限りですが」
海堂「是非お願いします!」
柳生「ええ!」
「…( ;∀;)イイハナシダナー」
「比呂士…精市に『うさぎ?フランスじゃ食料だね!』って言われた事…まだ落ち込んでたんだな…」

2007年11月25日 (日曜日)

たるんどる?

Tcp001

先日の自戒予告で、由美子×ミユキに萌えてしまいました。

接点ないよな~…でも知り合いだったら面白いよな…

「11歳年上の姉と、1歳年上の兄の同級生が療養中に知り合った3歳年下の女の子とが仲良しだった」

…世界は狭いんだよ。

最近絵を描いていないので、久々に描きました女体化注意)。

サイズが大きめなので注意。

2007年11月24日 (土曜日)

幸村×真田SS「弦一郎少年と不可思議な少女の話」

幸真、幸村&不二女体化注意ギャグ。幸村さんは喋りません。
真田の熱血馬鹿なところが大好きです。

・弦一郎少年と不可思議な少女の話
彼の名は真田弦一郎。
私立立海大附属中学三年生。ぴっちぴちの14歳である。
ぴっちぴちの男子中学生である彼は、中学生らしく自宅の道場で真剣を振り回したあと、中学生らしく書を嗜んでから中学生らしく寒中水泳に来ていた。
…進学試験が終わったとは言え、気を抜いてはいつか闇討ちにあってしまう!というイマドキの中学生らしい考えに基づいた行動である。
もちろん服装は中学生らしく、褌に柔道着である。ナウなヤングの正装である。知り合いのゾーン眼鏡に言ったら信じていたから本当である。
小一時間ほどかけて準備体操を済ませて、いざ入水しようとした時、真後ろから声がかかった。

続きを読む "幸村×真田SS「弦一郎少年と不可思議な少女の話」" »

2007年11月22日 (木曜日)

いきなり!自戒予告

いきなり次回予告、っての、ありましたよね。
唐突に思い出してチャレンジしてみました。ある意味で腐要素注意?

新・いきなり次回予告
http://kairuna.hp.infoseek.co.jp/Ikinari.html

・「幸村」「佐伯」「木手」
まずはウォーミングアップに。

「覚悟しろ幸村ーーッ!!」

突然背後から幸村を襲ったのは
ペットの木手ちゃんだった!!

とっさに通りかかった
佐伯を盾に攻撃から逃れる幸村。

この戦いに勝利するのはどっちだ!?

次回「魔王佐伯覚醒」!!

盾にしてゴメン☆

★盾にされて覚醒する佐伯はきっとドM。

続きを読む "いきなり!自戒予告" »

魔(BlogPet)

きょう藤原彩女と、魔理沙は合宿したかったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「餅ェキシン」が書きました。

2007年11月20日 (火曜日)

スキーの話ふたたび

スキーですが、今シーズンまでに基礎体力作りができそうにないので、来年を目途に頑張ろうかと思います。
まずはスキー用品レンタル&スキースクールの事を色々と調べようかと。ド初心者だしな…

基礎体力作りに関しては最近始めたので徐々につけていくつもりでいますが、問題は筋トレですね。
スキーに使う筋肉って、どの辺を意識すればいいのでしょう?
ネットでさわりだけ調べてみましたが、いまいち判りませんでした。

そこで過去のボーゲンを思い返してみましたが、私の場合は
Skik01
上記画像の色のついた部分がキッツくなった記憶があります。
「踵を開いてエッジを立てる」「腰をへっぴらない」「ストックは基本的になかったことにしろ」くらいのことしか覚えていませんが、合宿最終日に脚の筋肉に力が入らずに焦ったのは印象に残っています。
ので、具体的には
Skik02
あたりの筋肉が要るのかな?というノリです。
ちなみに腕の方の筋肉痛は、平面を移動するときにストックに頼りっぱなしで移動していたからです。
二の腕の筋トレ方法はネットで見つけたのですが、どうも隣の筋肉のような気が…惜しいですね。

ひとりスキー達成への道は、己との戦いのようです。
アレかな、なわとびとかするといいのかな。猫と。

2007年11月19日 (月曜日)

乾×不二SS 「The First threat6」

全六話中の六話。乾と大和。
一話はこちらで五話はこちらです。

続きを読む "乾×不二SS 「The First threat6」" »

2007年11月17日 (土曜日)

乾×不二SS 「The First threat5」

全六話中の五話。乾と大和。笑いどころは私の捏造設定。
一話はこちらで四話はこちらで六話はこちらです。

続きを読む "乾×不二SS 「The First threat5」" »

2007年11月15日 (木曜日)

経由しなかった(BlogPet)

藤原彩女は、出場するはずだったの。
でも、藤原彩女は、経由しなかったー。

*このエントリは、ブログペットの「餅ェキシン」が書きました。

2007年11月14日 (水曜日)

スターオーズ語り -よく考えたら旧ep4から今年で30年?-

※前回の語りはこちら
スターウォーズ(以下SW)の初公開年って1977年(アメリカ)だったんですね。
ギリギリ生まれてませんね。日本の初公開が翌年ですがこれまたギリギリですね。
で、旧ep5は1980年(ちなみにウィキペディアで調べています)…何歳だ。数えで一歳か。こんど29になります。
覚えてるわけありませんね。というわけで再び萌え語り。
長いので分けました。

続きを読む "スターオーズ語り -よく考えたら旧ep4から今年で30年?-" »

2007年11月12日 (月曜日)

乾×不二SS 「The First threat4」

全六話中の四話。乾と大和。藤原彩女に眼鏡属性はありません。
一話はこちらで三話はこちらで五話はこちらです。

続きを読む "乾×不二SS 「The First threat4」" »

2007年11月11日 (日曜日)

スターオーズ語り -ある意味エネミーは娘-

久しぶりにスターウォーズの曲を聞きました。
ep123も素敵ですが、やっぱep456の神がかりっぷりはただ事じゃないですね。
というわけで。
最近テニヌの話ばっかりしてますが、ちょっとスターウォーズ(以下SW)の萌語りでも。
妄想注意。

私が6エピソード全て見た時の感想は、「SWという作品はアナキン少年のエディプスコンプレックス解消のおはなしだったんだなあ」でした。
ミディクロリアンだかフォースの意思だかで、処女生誕(…だよな?)で産まれたアナキン少年。
幼少期は母親のあふれる愛情で何の問題もなかったのですが、思春期が問題でした。
現代人で言うと親離れの時期にあたる年齢の時に、周りにいた大人の男がオビ=ワンだったのです。
これは大問題です。真っ直ぐなだけの話のつまんねえオビ=ワンは、アナキン少年のように頭の回転が普通で口の回転が速い人とは合わなかったのです。何故死んだ、お師匠様(クワイ=ガン)。
反抗期真っ盛りの暴れたりない時期に、話のつまんないオビ=ワンは教科書通りの台詞しか吐きません。喧嘩しようにも、頭に血が昇るタイプのアナキン青年とつまんない事しか言わないオビ=ワンでは喧嘩にもなりません。ああ、何故死んだのお師匠様。
かくして物の見事に親離れに失敗したアナキン青年は、こともあろうに親になってしまいます。
「自分が子供のうちに子供を作ると大変なことになる」が私の持論なのですが、まあこさえてしまったものは仕方がありません。あの世界にコンドームってあるんでしょうか?
親離れに失敗した上に頭に血が昇ると超能力で人の首を絞めるという大変危険なパパ症候群のアナキン青年。ある意味ルークとレイアはこのお父さんと離されて正解だったのかもしれません。オビ=ワンがつまんない話をする度に首を絞められていては人格形成に関わりかねませんので。
そんなこんなで叔父(父の母の息子)の家で育ったルーク青年。パパがいないのはパパと同じでしたが、幸いな事に彼は母親に似てここ一番では冷静になれる人だったので、アナキン氏は息子のお陰でエディプスコンプレックスを解消することになります。
デス・スター崩壊警報で皆が逃げ惑う中、身体が動かなくなっても誰も構わなくなった父親を抱えて「一緒に帰ろう」というルーク青年はめちゃめちゃかっこいいですが、これは性格が父親に似なかったルーク青年だからこその感動シーンなのでしょう。
何せ、カッとなったら何をするかわからないところがパパそっくりのレイア姫だったら、多分いざって時にはパパをあっさり見捨てて好きな男のところに駆け寄るに決まっていますので、こんな事にはならなかったと思います。
というかレイア姫は合理主義者っぽいので、実の母を殺しかけた上に自分達の存在を知らず、あげく自分をひっ捕らえた事のある素顔もしらねえ親父と、貧乏だけど必死でカワイイ(推察)好きな男だったら、迷わずにパパを蹴落として男の手を取りますね。
ルーク青年があの作品の中では珍しい方に位置するくらい情に厚い人間だったのが良かったよかった。
アナキン氏も、よもや自分が死にかけてる時に娘がエンドアで男といちゃついてるとはついぞ知らず父性に目覚めて息子に看取ってもらえたので良かったよかった。
ちなみに、話のつまらんオビ=ワンは教科書通りのルークとは相性が良かったようです。でも「君のパパは殺された」とか、慣れないくせに面白い事を言おうとするからスベってルークに後で怒られてましたけど。

そう考えると、SWという作品は話のつまんねえオビ=ワンが、お師匠様のワガママに付き合った挙句にある一家をみんな不幸にしちまったっつー話だったのかもしれません。やるな、オビ=ワン。

2007年11月10日 (土曜日)

乾×不二SS 「The First threat3」

全六話中の3話。手塚、大石、河村出演。
一話はこちらで二話はこちらで四話はこちらです。

続きを読む "乾×不二SS 「The First threat3」" »

2007年11月 9日 (金曜日)

バーチャルペットもかわいいですよ

Backcore001

餅ェキシンの背景画像をいろいろと加工してみました。と言ってもこのうちの四枚しか出てきませんが。

うさぎさんうさぎさん言ってるのは柳生さんです。小動物萌えだったら萌えだな。

餅ェキシンは可愛いですね。うちの猫様とは全く違うジャンルの可愛さがいいです。まあ猫様は三次元だし。

2007年11月 8日 (木曜日)

乾×不二SS 「The First threat2」

全六話中の二話。乾と不二と菊丸出演。
一話はこちらで三話はこちらです。

続きを読む "乾×不二SS 「The First threat2」" »

マークするはずだったの(BlogPet)

きょう餅ェキシンが的中したいです。
それで藤原彩女は、マークするはずだったの。
それで暗殺されたみたい…
だけど、手元が一蹴するはずだったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「餅ェキシン」が書きました。

2007年11月 7日 (水曜日)

不定期連載:ひとりでできるだろ2

元母が外食するというので、「スキーかカニかTDRのパンフを旅行代理店からかっぱらってきてくれ」とお願いしたところ、

Panfu
戦利品(デオトイレ除く)

多いです。
スキー5冊、カニ5冊、TDRは7冊。
一人スキーor一人カニorひとりシーの資料です。

実現できるか、一人カニ付温泉旅行。

BlogPet

サイドバーでうさぎを飼うことになりました。

名前は「餅ェキシン」。もちぇきしん、って呼んでね!

提供:http://www.blogpet.net/

変な言葉を覚えさせる機能はないんですかね?

乾×不二SS 「The First threat1」

全六話中の一話。最初と終盤はそうでもないですが全体的にギャグテイストです。
現三年生が一年生の時の話。大和部長捏造。
乾不二…の筈ですが、愛憎関係が若干入り乱れ気味で、簡単に言うとこんな感じです。

第二話 第三話 第四話 第五話 第六話

続きを読む "乾×不二SS 「The First threat1」" »

2007年11月 5日 (月曜日)

…手塚って本当に強いの?

Soukanzu2

暫定的解釈で書いてみました。ハートマークの意味は「全面的に+の感情を持ってる」程度の認識でお願いします。
あと、好きなキャラが総攻撃を受けていても気にしないで下さい。
認識能力が狂っている人もいますが気にしないで下さい。

2007年11月 4日 (日曜日)

不定期連載:ひとりでできるだろ?

一人飯。一人喫茶店。一人映画に一人カラオケ。

これまで単独行動の壁を易々と乗り越えてきた私が、ここにきて超えられない壁を自覚した。
私には超えなければならない試練がまだ残されている。

レベル1:一人スキー
レベル2:一人旅館
レベル3:一人万博公園
レベル4:一人ディズ●ーシー
レベル5:一人リゾートホテル
レベル6:一人ディ〇ニーランド(平日)
レベルMAX:一人ディ〇ニーランド(12月24日もしくは25日

まずは一人スキー。
スキーそのものは一人で楽しめるスポーツ。普通に一人で大丈夫だ。この場合問題は私にある。
そう、私はスキーというものをろくにやったことがないのだ。はっきりと記憶がある範囲では高校の時のスキー研修しかない。
早い話が、私はスキーウェアも持っていなければスキー場のシステムも知らない。加えてスキーができない。
ボーゲンしかできず、ボーゲンで転び、転んだらなかなか起き上がれない。これはもう一人でどうとかいう話ではない。
スケートもそうだが、ウィンタースポーツはやってて面白いので、そのうち壁を越えたいと企んでいる。
というわけで一人スキー実現のため、まずは筋トレと基礎体力作りとスキー場のシステム理解である。道はながい。

そしてレベル4~6。
シーはいける。シーは私の解釈ではどちらかというと自由度が高く、真昼間から酒かっ喰いながら景色を激写しつつ時々ホテルに寝に帰ってアトラクションの待ち時間はDSのピクトチャットでシリキウトゥンドゥを描いて喜んで乗り終ったらまた酒かっ喰らってショッピングとか余裕だ。演出が細かいのでシーの仕掛けを探す旅と称してオリエンタルランドにこっそり挑戦してみたりもしたい。なんとかエクスプロレーションで一時間くらい潰れそうだし。おお、いけるぞシー。
ただ問題はランドである。個人的にはなぜかランドのほうが難易度が高い気がする。難易度が高いというか自由度が低いというか。コンセプトの違いからかバックストーリーの濃さに浸るとか風景写真を撮るとかは難しく、何よりうっかり幼女に接近したら逮捕されそうな気がする。「キモオタですウヒヒヒ」とか言い出したら特に。
…そうか!キモオタはキモオタでも、キモいディ〇ニーオタになればいいのか!
まずはあの耳がついた被り物をかぶり、ヒッピーみたいな色使いの服を着て、なぜかすっぴん、ダサい眼鏡とカメラ、ストラップはもちろんぬいぐるみがジャラジャラで、パレードの車の後に完璧に振り付けをマスターしてノリノリでくっ付いていく!腰にはもちろんポップコーンのバケツを下げて、そして並び時間には携帯電話でディズ〇ニーサイトを見てニヤニヤするのだ!

………………………。
………わ…私の限界は…ここまでだというのか…?

2007年11月 3日 (土曜日)

乾×不二SS お題より「デキちゃったv」

超やっつけ。ちなみに801要素は皆無です。

・『乾不二台詞10のお題』より「10.デキちゃったv」
※お題サイト様行方不明!
目の前に置かれた色鮮やかな果物や新鮮な魚介類に、青春学園テニス部三年にして『球体における慣性の法則に逆らう男』不二周助は心底楽しそうな笑みを浮かべた。
「成程ね、安い加工食品の原材料はこうなってるんだ」
その台詞に、同じく青春学園テニス部三年にして『人体実験のキワミ、アッー!』乾貞治が返事を返す。
「その通り。赤身の魚は色の同じアカマンボウ、エンガワの替わりにブラックバス。あるいは市場に出せない形の魚…果物もそうだ。基本的に規格外の品が加工品に回される」
今日は大会合間の夏休み。二人は乾の家の台所で、何やら怪しげな事を始めようとしていた。
「まあ、身体に害が無いならいいよね」
「河村に聞かれたら殴られそうだな」
小さく傷だらけのりんごを手に持って楽しげにする不二に、乾がフードプロセッサーを出してくる。
不二がまな板の上に「凄い事になっている魚」を載せ、とりあえず内臓を引(略)
<ここからはダイジェストでお楽しみ下さい>
「ねえ乾。このままじゃ生臭いからわさびでも入れようよ(略)
「駄目だ不二!ガーリックバターを使うんだ!(略)
「不二、あーんw」「あーんw」(略)
「麦焼酎ないから芋焼酎でいいよね」(略)
「そういえばこないだルドルフのマネージャーに、裕太とひきかえに情報を提供しろって言われたから「強さの秘密」ってイワシ水あげたんだけど、凄い声出して喜んでくれてたよ」「それはよかった。ところで観月って呼んでやれな」(略)
「うわああ!暖めたら赤黒い泡があぁあ!」(略)
「いいツラだぜ不二ぃ―――っ!ヒャッヒャッヒャッヒャッヒャ(略)
<ダイジェストおわり>
そうして出来上がったものは、もはやコップに入っているのが何かの間違いであるかのように美しい小宇宙だった。
セーラームーンで出てきた箱庭小宇宙に良く似ている。
「素晴らしい。手塚ゾーンをモチーフに森羅万象陰陽道を取り入れたこの特製ドリンクで、君はコスモを見たことが出来た」
「コレ飲んだら新世界の神になれるかな?かな?」
昨晩二人で徹夜して見たアニメの影響を受けながら、不二がコップを手に取る。
「不二、いっきまーす!」
「いぇーい!」
異様にテンションが上がる乾に微笑みかけて、不二がプチコスモを一気に流し込んだ。
…………………。
からん。
「不二っ!」
「うっ…あぁあっ!」
慌てて抱き留められた腕の中で、不二が苦しげに呻く。
「い…乾…ッ」
「不二?!どうした!」
乾の声に、不二が涙目を開いた。
「…産まれる…!」

「と、いうわけで海堂。できちゃったのが六番目のカウンター『星花火』だ。今頃は立海もびっくり…」
「…あ、もしもし看護婦さん。やっぱりちょっと治らないみたいっス。はい」

2007年11月 2日 (金曜日)

そういう話題二連発

ホモネタ(?)注意。

その1:強度不足の手すり確認 三協立山アルミ製 財団法人発表http://www.asahi.com/national/update/1026/TKY200710250437.html?ref=rss

こういうニュースがありまして。
何が言いたいかと言いますと、このベターリビング。
優良住宅部品認定などをやっている国交省外郭の財団法人らしいんですが、
Better Livingな部品認定という事で、名前がBL部品というそうなんですね。
私はこのニュースをはじめ別ソースで見たもので、そこでは「優良部品(BL部品)」とか書かれてて。
思わず周りの人に聞いてみても皆知らないし。
かと言って間違えて「BL 何の略」とかでググったら恐ろしい事になりそうな予感でしたので。
ただそれだけの話。

その2:「ハリー・ポッター」著者、主要登場人物が同性愛者だと発言
http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPJAPAN-28448020071021?rpc=112

腐女子として全力で釣られてみました。
と言っても私にはダンブルドア属性がないので、

・闇の魔法使いの面影が忘れられないダンビー。似た面影を持つトムリドルに近づいて(以下源氏物語のぱくり展開)。
・絶対に叶わない恋に苦しむダンビー。そんな中、弟と彼が付き合っていることがわかり、ダンビーは禁じられた呪文を使って弟とヤギをあれこれこうして弟を逮捕させてしまう!(ヤンデレダンビー)。
・恋した相手がどんどん悪の道へ!もうダメ!こうなったら私がこの手で彼を殺してあげる!(ヤンデレダンビー)。
初めまして、アタシ、ダンブルドア!恋に恋する11歳★今日はホグワーツ魔法魔術学校の入学式なのっ!キャー緊張しちゃうわ★ドキドキ…アタシは早まる鼓動を抑えながら大広間に足を踏み入れたのっv(°∇^*)⌒☆そうしたら隣の男の子がアタシに話しかけてきたの!ヤダ!ちょっとハンサムじゃない?!ドキドキ★「なんだお前…トロそうだなぁ★★」<<o(>-<)o>> ムカー!なぁにアレかんじわ★る★い★!でも、コレがアタシの初恋(頭痛がひどいので中断)

という話くらいしか思いつきません。
腐女子としての自信がすこしへっこみました。
ただそれだけの、話。

2007年11月 1日 (木曜日)

乾×不二SS 「エラー2」

全二話中の二話。一話はこちら
乾×不二&手塚の三年全国大会直前。
乾ってたまに不二の事大好きだよね…夢にまで見たり…

続きを読む "乾×不二SS 「エラー2」" »

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »