« 学園日和第五話「松尾芭蕉の溜息」 | トップページ | 学園日和第六話「俺の上司がこんなにモテるわけがない 上」 »

2010年7月 7日 (水曜日)

HIKO☆「チュイーッス。ちょぃ雨(↑)なんでぇー、あーしたとかしてほしんっスけどォ~」

大雨ですねえ…

がんばれ、織姫さんと彦星さん。あとハクチョー。

さて、先週は早々に期日前投票に行ってまいりましたよ。
結局ほかの党は、ネット上に上がってる公約を見ました。
なんかグズグズしてて時間切れが迫ってたので、自分で自分に暴言を吐いたあげくに自分にイラつきながら出かけました。
今週がこの雨なので、早めに済ませておいてよかった。ありがとうキレた方の私。しっかりしろキレられたほうの私。
で、時間ギリギリなので誰もいなかったんです。
時間ギリギリなんでエレベーターを探す余裕がなくて、しやくその階段を駆け上がりました。

選挙管理委員(たぶん)の人:「あら~、急いで来てくれはったんやねぇ」
藤原彩女(顔まっか):「さ…サーセン…」

恥ずかしかった。
しかもギリギリで一人しかその場にいなかったので、後ろからの視線を浴びまくりながらの投票!
肘の動きで判ったと思う。
というかリズムで判ったと思う。
さらに。

投票を終え、やれやれとエレベーターに乗り込んだとき、もう一人人がいた。

謎の男性:「あのー、(某国営放送)なんですけど、実は出口調査をやってまして…」
藤原彩女:「えっ、あのネットで黒い噂を聞く(えねっちけぇ)ですかッ?!」

二十歳になって以降、国政地方問わず選挙にはかかさず行っている私なのですが、出口調査は生まれて初めて受けました。
さすが40万都市。
で。

藤原彩女:「これ、特定の党に入れたら家まで追いかけられるとかないですよね?
国営放送:「いや、個人情報とかは大丈夫ですんで」
藤原彩女:「複数選択はムリなんですか?」
国営放送:「システム上ムリなんですよ」

すまなんだ国営放送の人。私なりに真剣だったんです。
昨年の衆院選挙の結果を見て、モニタに向かって「はぁああ?!何負けてんの自民?!はあああああ?!」とかムリな事を行った身ですが…40万都市、今度はたのむぜ。

« 学園日和第五話「松尾芭蕉の溜息」 | トップページ | 学園日和第六話「俺の上司がこんなにモテるわけがない 上」 »

行った買った喰った来たやってみた」カテゴリの記事