« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月16日 (土曜日)

猫閻魔「仕方ないなあ人間は...スズメあげるから食べなさい」 妹子「ギャアアアア!」

Enmasora01

こんばんは。日常に追いつかれて心が折れたため回復中の藤原彩女です。

携帯電話機サイトのほうで曽閻曽の話題が出たので景気づけに絵を描いてみました。

私の解釈としてはこの二人は完全なリバーシブルで受け攻め決まってません。

経験値は閻魔さんが比べ物にならないくらい高いんですが、S度は曾良さんのほうが高いかんじで。

閻魔さん、西暦カウントでも軽く2,500年は存在してるので経験値パネェんじゃないかと思います。神様時間は西暦よりも長かったりするのでもっと凄まじい経験値かもしれません。なんせ初っ端から妹に迫られて拒否っちゃうくらいの精神の持ち主ですよ。下半身に忠実な神々だらけ(男女問わず!)の神話の世界で、拒否るとか新鮮すぎです。



...と、そういう語りは他のカテゴリ記事でやるとして、この絵の曾良さんの片目が紅いのは、もしも曾良さんが閻魔さんと接触したら...という感じの妄想によります。

閻魔大王に魂売っちゃった江戸人。名目は「人間の目線で現世を見たいから」とかか?



曾良「閻魔大王なら、地蔵でも浄玻璃鏡でも蜘蛛の糸でもなんでもありじゃないですか。寺だってたくさんある」

閻魔「蜘蛛の糸は違うよ…いいの、人間の業ばっかり見てて疲れちゃった。こんだけ安寧な時代が続くとね、『彼ら』の魂は眠りがちで退屈なんだよ」

曾良「彼ら?」

閻魔「ほら、歴史のターニングポイントに現れる偉人達。オレ、基本アジア担当だからさー、今西欧のほうで民主主義革命起きてきてるけど…むこうに輪廻転生の概念ないから」

曾良「何言ってるのかわかりません」

閻魔「んー…あ、お団子屋さんだ」

曾良「ご馳走様です」

閻魔「奢り確定かよ!…いいよ、えーとこの時代の日本の通貨は…和同開珎?」

曾良「いくらなんでも古すぎます」



とか。



そして描いた、閻妹、攻めが猫なパラレル漫画。

あきらかに未完結なのは、ここまでしか細かく決まっていないのです。

この後は、元彼の自己中思考によるストーカー行為を閻魔猫さんがたたきのめすいつもの展開です。

どうも私はこの感じの展開が好きなようです。

妹子、モラハラ最低男に失恋→閻魔とであって癒される→最低男が自己中思考で妹子に付きまとう→妹子が凹ってやろうとしたところに閻魔出動→閻魔様の地獄送りタイム→閻妹エンド

恋愛脳なかんじの妹子さんも好きです。

漫画は以下より



1Enimo4701 2Enimo4702 3Enimo4703 4Enimo4704 5Enimo4705 6Enimo4706 7Enimo4707 8Enimo4708 9Enimo4709 10Enimo4710

2010年10月13日 (水曜日)

多神教の神話はエロいいな

懐中時計を買いました。

Chronos01

Chronos02

いい感じです。




描いた絵でも。

Yama002

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »