« それだけです | トップページ | お久しぶりです »

2014年4月30日 (水曜日)

ディズニーのメインテーマは「抑圧から自由への解放」じゃねえのかなあ

ご注意:改行をさんざん頑張ったんですがダメでした。
もうダメだようニフティさんよう…くじけるわもう
国春ブログでも書いたんですが「アナと雪の女王(Frozen)」
ネタばれを見まくった影響であらすじだけは理解しました。
恋愛観点から見る意見があるようですが、どうも恋愛じゃないよねあれねメインテーマ。
「ヴィランズがいない」んですよねあの映画。純然たる悪意ってのがどこにもないというか、わりと誰も悪くなくてそれが悲しいという
か。
せめて言うならハンスとかいう人かな…?あとあの丸眼鏡の爺さん。外国にもいるんだねやっぱり。ああいう変なじじい。
悪意というか、トロールの長老さんらしきの言葉通り「エルサの中の怯え」が悪役だと思う。
彼女は作中のほとんどをそれに支配されていて、とうとうティアラぶっ捨てちゃうレベル。
――またその理由がエルサの中の「表に出してはいけない愛」が起因かと思うと…
あ、見てないからね!
姉ちゃんは愛の深い人なんだよね。それゆえに絶望も深い。最後まで自分以外のみんなを守って愛してるし。
妹ちゃんも天真爛漫お嬢様って感じで、でも一番近くにいたはずの姉貴がなんでかへこんでるんで気にしてるんでしょう。
作中で「国の民もあなたを心配している」というセリフを言っていましたけど、彼女自身がいちばん心配してますよアレはね。
見てないけどね!見てないよ!
まずからして姉妹もので超能力系って少女漫画ではそれなりにメジャーなジャンルだと思うわけですよ。
ミラクルガールズとか、海の闇月の影とか…(そういえばアレも姉ちゃんが大変で妹は意外と男性がそばにいたような…)
あとあれ、日本でいう「セカイ系」に近いと思う。
変な力のせいで心を閉ざしてしまった、実は繊細な少女を(エルサは成人してるけど)主人公が頑張って助けにいくんだよ。しかも少女
は主人公の事が本当は大好きなのにそれをうまく表現できずに拒否する態度すら見せるわけですよ。で、抱きしめてエンドなんだよ。ど
ーなのこのラノベっぽいあらすじ紹介は。
見てないですけど。
いやね、エルサさん作中のほとんど絶望しっぱなしじゃないですか。
親父さんも方向性間違えたと思う。封じ込める方じゃなくて、コントロールできるようにたまに雪山にでかけるとかそういう方向にいか
なかったのかなと。
トロールの長老もなんか間違ったよね、妹傷つけてへこんでる少女をあんなにビビらせてどうすんだよ。
――と思うと、あの映画に「男」が必要のない説もうなずけます。
だっていらないんだもん。クリストフ、スヴェン、オラフさん方はいいとして、ほかの男性キャラがいらんことしかしてない。
みんなしてエルサの怯えを煽ってばっかしで…いや、感情論になりますので控えますけど、ハンスがブン殴られた時にはしゃいでたオッ
サンたちはちょっと面白かったw
ついでに先述の少女漫画でも、男性はなんだかんだで役立たずだったりお姫様ポジションだったりパワハラの権化みたいなジジイだった
りでいいことないんですね。
あ、見てないから。泣いてないから。オーヴァー?
泣いてないから。
さてタイトルの話題に戻りますが。
まずもって「ディズニー映画は王子様にウンタラのプリンセスがウンタラな映画」というへんな風潮がどうにも個人的に受け入れられん
のです。
眠り姫あたりはともかく、シンデレラなんかどっちがお姫様だかわからん勢いですし、アラジンは恋愛要素強いですがあくまで主人公は
アラジン、クライマックスはジーニーとの友情を選択したり「俺にはドブネズミとしての戦い方があるんだ!」みたいなタンカを切っち
ゃったりおまえトイストーリーをなんだと(略)
うん、泣いてないよ?泣いてないよ?
―エルサはあれだけめっちゃくちゃで思わず逃げ出しちゃって、でもアナに対話して無理にでも笑おうとするんですね。まあアナの性格
によることもあるんでしょうけど。
あんな純真爛漫な妹がいたら、エルサでなくても自分を封じ込めてでもこんな明るい娘を暗くしたくない!なんて考えてもおかしくない
作中の描写を見ると、エルサはトラウマで思考がマイナスにいってるだけで本当は聡明タイプなんだと思うんですよ。
あのレットイットゴーの歌詞とか、世の長女たちが訳したらものすごいことになるんじゃないでしょうか。
終盤の、効果的に敵兵(?)を追いつめるとことか、アタマいいんだなあって感じましたよ。
え、見てないよ?泣いてないよ?
まあなんだ、アナも本心ではエルサの苦しみを感じていた気がする。
ハグしたいんだよ、二人とも。でも姉貴はなんか閉じこもっちゃってなんかでてこないし。
そこがラストシーンに繋がるんでしょうね。
エルサの心の傷はアナのそれと同等ではないかな。
ただそれらは二人で支えあってじっくり癒していけばいい。
この映画のメインはそこであって、外の男性とかはそのあとの話なんではないだろーか。
彼らを否定する気はないが、たぶん、エルサの傷をある程度癒さないと、アナだって外に出ることができない。
しかしたぶん!大丈夫だ!
エルサが国中を氷に包んだのは、周りの人が外の世界に出ていくのが怖かったんじゃなかろうでしょうか
眠いのでまたこれ…うーん

« それだけです | トップページ | お久しぶりです »

単発語り」カテゴリの記事